真珠について

真珠選びのポイント 

真珠選びのポイントは、7つの要素に分かれています。
「光沢(てり)」・「形」・「大きさ」・「キズ」・「巻き」・「色」・「連相(れんそう)」

  1. 光沢(てり)
  2. 真珠の光沢は「てり」と呼ばれ、真珠輝きを表します。
    真珠表面の光の反射だけでなく、真珠層の内面からの光の反射も関係しています。真珠層の厚さや均一であること、また光の透過性などによって、「てり」の差が大きく変わります。アコヤパールは、美しいピンク・グリーンの輝きを伴って現れます。「てり」が強いほど多彩な色が出る傾向にあります。奥の方から深みのある輝きを放つものが良質とされています。後述の「巻き」とも関係し、巻きの厚い真珠の方が「てり」が出やすくなります。

  3. ラウンド(真円)・セミラウンド(真円に近い丸)・オーバル(長丸形)・ドロップ(しずく形)・ボタン(横に長い楕円形)・バロック(不定形)など様々な形のものがあります。真円に近いものほど良質とされていますが、形の不定形なバロックは、独特で同じ形のない、「世界に1つだけのパール」として、ひそかな人気があります。




  4. 大きさ
  5. 真珠の大きさは、珠の直径で測ります。一般的なサイズは、
    アコヤパール 3mm~10mm
    黒蝶パール  8mm~14mm
    白蝶パール  9mm~16mm

    同じ品質の真珠でもサイズが大きくなるほど価値・価格とともに上がっていきます。




  6. キズ
  7. キズが少ないものほど良質になります。しかし、キズがあるから低品質とも限りません。真珠は自然の産物なので、多くの真珠には程度の差はあるものの何らかのキズがあるものなのです。人工的に傷ついたものとは違います。
    「えくぼ」 真珠層の一部にできたくぼみ
    「突起」 えくぼの逆で、盛り上ったもの
    「サークル」 パールを1周する溝、1本あるいは複数ある。
          黒蝶パールや白蝶パールに多くみられます。



  8. 巻き
  9. 真珠の核の上に巻かれている真珠層の厚さのことをいいます。
    真珠層は、核のまわりに炭酸カルシウムのうすい層が何百・何千層と巻かれていくことで形成されています。「てり」でも書きましたが、層が厚いほど真珠特有の「てり」が出てきます。また、巻きの厚さは、真珠の強度や劣化の進行具合にも影響するので、巻きの厚い真珠ほど良質とされています。




  10. 真珠の色は、一般の物体の色と異なり、実体色(実際に見える色)と干渉色(光の反射、屈折によって見える輝きをともなった色)の種類の色が共存しています。真珠の色を決める要素はいくつかあり、ひとつは、真珠層から光が反射して見える干渉色により、ピンク系や青みを帯びたグリーン系の色が作られます。次に、貝そのものが持つ固有のたんぱく質の色素により、シャンパン系やゴールド系、ブラック系の色が生まれます。もうひとつは、核と真珠層の間に入り込んだ有機物の色により、ブルー系、ブラック系の色が生まれます。
    真珠は、これらの要素が重なり合い、固有の美しい色を生み出しています。




  11. 連相
  12. パールをネックレスにするとき、これまでに挙げた6つのポイント
    「てり・形・大きさ・キズ・巻き・色」真珠のすべての品質を均一にすることで、より美しく価値のあるネックレスに仕上がります。様々な工程で、人の手により数十回選別された真珠をひと粒ずつ並べ、組み上げていきます。
    「連相」とは、ネックレス全体の均一感のことで、連相が整っているネックレスの方が、より美しさを感じることができます。




ポイントバナー

無料ギフトラッピング

パルーナ スタッフブログ

営業日カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 祝祭日

8/13から8/15まで夏季休業となります。

お急ぎのご注文の場合は、ご注意ください。お問合せ等は8/16(木)よりご連絡となります。何卒ご了承ください。

パールネックレス、アコヤ真珠、真珠アクセサリー専門店 パルーナ
安心クレジットカード決済システム
【パーク/PARK】 - 日本最大級の通販サイト
QR

ページトップへ